考える必要のない運用と改善する場を定着させよ
,

考える必要のない運用と改善する場を定着させよ

《事例の背景・事象》 ビッグデータ分析基盤構築プロジェクトにプロジェクト・マネジメント・オフィス(以下、PMO)として参画した。 本プロジェクトは、ホールディングスを母体とした各事業会社からのデータを筆者が参画している機
現場に合わせたコミュニケーションと進捗の管理を行う
, , , ,

現場に合わせたコミュニケーションと進捗の管理を行う

《事例の背景・事象》 ・テスト支援チームの進捗状況が不明 ある大規模プロジェクトのサブシステム個別の受入れテスト途中からPMOとして参画した。受入れテスト期間としては4ケ月の内2カ月が経過しており不具合対応後の確認、及び
品質はプロセスと体制の両輪で担保せよ!
,

品質はプロセスと体制の両輪で担保せよ!

《事例の背景・事象》 大規模基幹システム構築プロジェクトにプライムベンダー側の全体プロジェクト・マネジメント・オフィス(以下、PMO)のリーダーとして参画した。ウォーターフォール型の開発を採用しており、複数の案件が同時並
作業全体を可視化する
, ,

作業全体を可視化する

《事例の背景・事象》 ・テスト環境構築チームの進捗状況が不明 ある製造業プロジェクトのプロジェクトマネージャ(以下PM)より、総合テスト本格実施の2ヵ月程前に声が掛かり、テスト環境構築チーム支援PMOとして参画した。PM
ステコミを巻き込んで課題停滞を一気に解消
,

ステコミを巻き込んで課題停滞を一気に解消

《事例の背景・事象》 とある大規模プロジェクトにPMOとしてアサインされた。 そのプロジェクトは、大きく分けるとプロジェクトオーナが2つに分かれており、2つのプロジェクトを統合している複合型のプロジェクトであった。 PM
目的を役割に落とし込み、組織の意思を統一せよ!
, , ,

目的を役割に落とし込み、組織の意思を統一せよ!

《事例の背景・事象》 ある開発プロジェクトでは、ユーザの追加要求に応えるために規模2千万円、体制はPM・開発リーダ・開発者2名(開発未経験者)のサブプロジェクトを発足した。 PMは未経験者2名の個別教育対応によりリーダの
管理ルール統一により進捗状況を可視化する
,

管理ルール統一により進捗状況を可視化する

《事例の背景・事象》 金融機関の基幹システム構築プロジェクト。全体工数13000人月と計画されている大規模なプロジェクトである。ベンダー側は11社の協力会社から集結した120名のメンバーにより開発を進めていた。 ベンダー
目指せ、計画的なシステム開発!(複数チームの進捗をキャッチせよ!)
, ,

目指せ、計画的なシステム開発!(複数チームの進捗をキャッチせよ!)

《事例の背景・事象》 あるパッケージ開発ベンダーにおいて、部門内に複数のチームが存在し各チームのアプリケーションを組み合わせて一つのパッケージ(プロジェクト)を複数並行して開発している部門がある。 当部門では各チームがそ
mns0018-001
, , ,

日本とアメリカにおける異文化コミュニケーション

《事例の背景・事象》 要件定義~設計~実装といった主な開発は日本、アメリカの両拠点で実施し、結合試験以降のフェーズからアメリカでの実施となる移動体通信プロジェクトに指揮型PMOとして参画。アメリカに出張し、拠点間のブリッ
人を動かすしかけづくり
,

人を動かすしかけづくり

《事例の背景・事象》 オフショア開発案件に日本人PMO(1名)としてオフショア現地に常駐。 オフショア先のプロジェクトチームに対する進捗管理・課題管理を中心とした業務を担当することになった。 担当してすぐに単体試験フェー
考える必要のない運用と改善する場を定着させよ
, , , ,

現状を整理し、先の見えない不安を解消する

《事例の背景・事象》 サーバ老朽化に伴うサーバリプレースPJに結合テストフェーズの途中から個別PMOとして参画した。 進捗会への参加、PJメンバへヒアリングを実施した結果、下記の問題点がわかった。 ・メンバによりPJの進
,

綿密な連携により、プロジェクト方針を徹底せよ

《事例の背景・事象》 総投資額100億を超えるシステムの老朽化更新プロジェクト。多くのベンダーが継ぎ足しで構築してきたシステムである為、全てを把握している人はいない状況であった。開発チームはテスト特性を鑑みたシステムの移